あこがれのひと、尊敬するひと。

  明日、憧れの人や、尊敬する人の目の前に立たされたらどうするか。

 あの人のようにはなれなくても、自分のやり方で精一杯自分の道を生きていれば、少なくとも胸をはって話すことが出来ると思う。